工場見学

  • 札幌醤油工場
  • 旭川味噌工場

豊かな水と気候に恵まれた
歴史ある赤レンガ造りの醤油蔵

トモエの醤油蔵があるのは、札幌市の苗穂町(なえぼちょう)。湿度が少なく、水質の良い石狩川水系(豊平川)の天然伏流水が流れるこの地域は、醸造に適した条件が揃っているため、古くから麦酒や日本酒、味噌、醤油などの製造が行われてきました。良質な水に恵まれていることと、物資の集積拠点として苗穂駅があったため、明治時代から「モノづくりのまち」として栄え、現在も歴史を感じる風情ある建物が残っています。
大正7年から続く「赤レンガ造りの醤油蔵」は、今も現役。平成16年(2004年)に苗穂地区の工場・記念館群のひとつとして、《北海道遺産》に選定されました。
一世紀前から今日まで、恵みの水を活かし、同じ場所・建物、そして、ほぼ変わらぬ製法で醤油をつくり続けてきた、醤油蔵。
厳寒の時期がある札幌にあっても、外気の気温の変化を受けにくいレンガ造りの蔵だからこそ、安定して、美味しい醤油を醸造することができるのです。

現在、醤油蔵の見学は休止しております。

常務取締役 工場長 澤田 明夫

工場長 ごあいさつ

明治24年から醤油を作り続けている福山醸造は、寒く厳しい北海道の大自然の中でそこに住む人達の開拓の歴史と共に育てられてきました。昔ながらの製法を生かし、時には先端技術を取り込み、今もひたすら北海道の醤油というものを目指し、美味しさと食べる楽しさを皆様のご家庭に届けられる様に日々努力を重ねています。苗穂の醤油工場には北海道の歴史と歩んだ佇まいがご覧いただけると思います。ぜひ一度工場見学においでください。

常務取締役 工場長 澤田 明夫

トモエの醤油蔵

醤油蔵見学案内

ご予約・お問い合わせ 0120-120-280(土日祝日を除く9:00〜17:00)
※1週間前までにご予約ください。
実施期間 通年の月~金曜日
見学時間 要予約 9:00~12:00、13:00~15:00
休館日 土・日・祝祭日、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始(詳しくは、お問い合わせください)
所要時間 約60分(事前説明 / 約20分、DVD鑑賞 / 約10分、醤油製造工程見学 / 約30分)
見学受入人数 約5~60名様(60名様以上の場合はご予約の際にご相談ください)
入館料

無料

  • 小学生以上より(幼稚園生以下のお子様を同伴される場合はご予約の際にご相談ください)
お願い
  • 整備など、都合により製造ラインが稼動していない場合がございます。ご了承ください。
  • 館内での喫煙・飲食はご遠慮ください。また決められた場所以外での写真・動画撮影はご遠慮ください。
  • 衛生上、ペットを連れてのご来場はご遠慮ください。
  • バリアフリーではございません。
蔵見学担当 小林 典幸

蔵見学担当者 ごあいさつ

歴史ある醤油蔵で、醤油づくりのようすを間近に見ていただき、醤油を絞る工程では、香りも感じていただけます。ぜひお越しください。

蔵見学担当 小林 典幸

予約状況

※実際の予約状況と異なる場合がありますので、お電話にてお問い合わせください。

※カレンダーの月〜金曜日の空いている箇所で工場見学を入れることが可能です。

清らかな水と寒暖差が
味わいを深くする
北の味噌蔵

トモエの味噌蔵は、北海道のほぼ中央、大雪山系の峰々にほど近い旭川市にあります。
寒冷地として有名な旭川市ですが、盆地であるため、厳寒期にはマイナス20度を下回る反面、夏は30度を超える日も珍しくありません。
味噌の醸造には、気温や湿度が大きく影響します。仕込み時期は、雑菌が繁殖しにくい1月〜2月頃、厳寒の時期に仕込むのが良いとされ(寒仕込)、熟成期には高い気温になることが望ましいとされています。すべての製品ではありませんが、寒仕込を特徴とした味噌を醸造しております。
また、「川のまち」として知られる旭川市には、大雪山を源流域として、石狩川に流れ出る支流が多く存在しています。
水質の良い大雪山系の伏流水を仕込み水として使用し、寒暖差のある四季を通じて、じっくり熟成させることで、より味わい豊かな味噌に仕上がるのです。

現在、味噌蔵の見学は休止しております。

取締役 工場長 大西 拓弥

工場長 ごあいさつ

味噌造りに適した冷涼な気候と大雪山の伏流水を活かし、昭和47年からここ旭川で製造を始めました。日本の伝統食品である味噌・こうじの製造を通して、おいしさと健康で社会に貢献できる工場を目指しています。
古いながらもまだまだ新たな可能性のある発酵の技術に加え、作っている人間の五感も大切にして、社員ひとりひとりの創意工夫を活かせるモノづくり・商品開発をしていきたいと考えています。

取締役 工場長 大西 拓弥

トモエの味噌蔵